土日に即日融資を希望する場合のポイントとは?

カードローン おすすめでは、申し込んだその日にカードローンで借りたお金が入手できる即日融資を受けるためには、申し込んだその日のうちに申込みの手続きが済むだけでなく、少なくとも審査結果が出ている必要があります。
また、申し込んだ人が指定した口座にカードローンで借りた、お金を振り込んでもらう場合は、口座がある金融機関の振込み業務の締め切り時間に間に合わせる必要があります。
土日に即日融資を受けたい場合は、金融機関が振り込み業務自体を行っていないことがほとんどなので、カードローンで借りたお金は振り込んでもらう形でお金を入手する方法は選べないことになります。
そのため、申込み手続きはWEBで行ったとしても、お金の受け取りは、無人契約機などに出向いて、その場でカードを発行してもらうという方法を選ぶというのがポイントになります。
それにより、口座を持つ金融機関の振込み業務の締め切り時間を気にせずに借りたお金の即日融資を受けることができるようになります。
また、審査のときには、在籍確認というものが行われますが、お金を貸し出す金融機関が土日で誰もいなく勤務先に連絡が取れないと、申し込んだその日の内に審査結果が出ないので、その日の内にお金を受け取れません。
土日に連絡が取れない勤務先に勤めている場合は、社員証の提出など他の手段で在籍確認が取れるかどうかをお金を貸し出してくれる金融機関に前もって確認しておくのも、即日融資を受けるためのポイントになります。

借金返済が終了したときに受取書をもらうべき理由

借金を返済した時には、必ず受取書を受け取っておきましょう。債務者には、債務を弁済した時にこれをもらう権利があります。これをもらわないとどうなるかと言えば、お金を返済したことが証明できなくなってしまいます。相手が不誠実な人間でなければ特に問題はありませんが、悪い人間であれば借金返済が終了したにもかかわらず、支払いがなされないということで民事訴訟を提起することがあります。民事訴訟では、当事者の主張や証拠に基づいて判断を行いますので、そこで裁判官に返済をしたという心証を抱いてもらわなければなりませんが、受取書をもらっていないと具体的な証明ができません。

もちろん、借金返済の終了について直接証明する証拠がない場合は、間接証拠を用いるなどして主張をしていくことはできます。例えば、相手方の口座に、債務者が主張する金額と同じお金が入金された事実があれば、返済があったのではという推認をするための一つの証拠となります。ただ、間接証拠で立証することは難しく、債務整理にオススメな弁護士の選び方が必ずしもその通りに心証を形成してくれるとは限りません。そのため、トラブルを避けたいのならば、きちんと受取書をもらておきましょう。

受取書をもらった後も、借金返済が終わってからしばらくは、保管するようにしましょう。金銭の貸し付けの事項は10年であるため、もう終わったと思ったところで訴えが提起される可能性もあります。その時のために、最低でも10年は保管するようにしましょう。