自分でできる歯が白くなるヤニ取り方法

自分で喫煙の結果歯についてしまったヤニ取りをする場合、歯科でホームホワイトニング用のキットをもらってホームホワイトニングを行う方法と、市販されている歯みがきや歯の消しゴムなどを使用する方法があります。
まずホームホワイトニングですが、これは歯科から過酸化尿素を処方してもらって、歯科に作ってもらったマウスピースに薬を塗って装着するという方法です。毎日二時間ほど、二週間から一か月くらいかけて行います。白くなるまでに時間はかかりますが、一度マウスピースを作成すれば何度でもヤニ取りに使えます。追加用のジェルも安いですし、自分の好みの白さにすることも可能です。
ホワイトニング専用の歯磨きは、これを使って歯みがきを行うだけで歯が白くなるというものです。ただ、研磨剤が入っていますから、ヤニ取りができて簡単に白くなるからと言っても、磨きすぎには注意する必要があります。歯磨き後にはフッ素でうがいをしておくと、エナメル質のコーティングになります。
重曹水を作ってうがいをするという方法も、ヤニ取りになるうえ、低コストで済ますことができます。重曹には研磨効果があるので、歯が白くなります。ペースト状にして直接歯ブラシに着けて磨くという方法もあります。
歯の消しゴムは、表面に付着したヤニがよく落ちて白くなることと、歯と歯の間の汚れまで落とせるので人気を集めています。表面を軽くこするだけですから、複雑な方法が苦手な人にもいいでしょう。
ヤニ取り歯磨き粉人気ランキング│今アツイ!!歯を白くする方法とは?はこちら